エンジニアと都道府県別収入ランキング

エンジニアの方は、専門的な知識や技術力を持っていることになりますから、「転職も、気軽に行えるだろう」と思っている方が多いと思います。
エンジニアという仕事であれば、どの地域にいっても仕事を見つけることが出来るでしょう。
しかし、エンジニアの仕事も地域によって収入設定が異なるため、これらも理解したおかなければ、「こんなはずではなかったのに」と後悔してしまうことになりますよ。

ここで上げるのは、エンジニアの都道府県別収入ランキングについてです。
収入の設定額というのは地域によっても差が出てきます。同じ職種でも、どの地域で仕事をしているかによって、収入が変わってくるということ。
エンジニアの場合には、どの地域が収入設定が高いかというと、1位は神奈川県。神奈川県の平均年収は481万円。2位は、東京となっており平均年収467万円。3位は長野県で平均年収458万円となっています。
もちろん、この平均年収は年々変わってくるものですから、年収ランキングが上がることもあれば、下がることもありますので、その年の年収などをチェックしておくことも大切となるでしょう。
その他の年収データとしては、北海道や東北は、平均年収400万円。関東は464万円。東海は425万円。北信越は422万円。開催は415万円。中国、四国は405万円。九州、沖縄は390万円となっています。

地域によって、同じ仕事をしていてもこれだけ年収差があることになりますから、UターンやIターンを考えている方は、これらも知っておくと後々後悔することがなくなるでしょう。
エンジニアの仕事は、転職には有利となります。どの地域でも仕事を見つけることは出来ますが、こういった年収差があるため事前に収入設定なども知っておくことが大切となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です