エンジニアハード系業界ランキング

エンジニアの方の仕事の幅というのは、とても幅広いもの。ハード系、ソフト系でも分けることが出来ますし、そこから更にどういった業界で活躍するかによっても、仕事内容が変わってきますよね。
ハード系の仕事をしている方の中には、「今とは違った業界で、仕事をしてみたい」と考えている方もいると思います。

まず、ハード系で平均年収が一番高いのは、金融や保険系の業界。
こちらの平均年収は、790万円。次は、専門コンサル系となっており、700万円。
次いで、医療品や化粧品メーカーが623万円。総合電機メーカーが595万円。
医療機器メーカーが571万円となっています。
最高年収が高い業種は、平均年収ではそれほど高くない通信系と器械関連メーカーとなっており1,500万円。
最低年収は、食料品メーカーとサービス系となっており、150万円。
平均年収が一番低いのは商社系の業界となりますが、平均年収348万円となっていますから、最低年収はそれよりも半分以下の年収となっています。

エンジニアの仕事は、どれだけのスキルを持っているか、経験があるか、どういった企業で仕事をしているかによっても収入が変わってくることになりますから、業界差も激しいことになります。
このように、ハード系のエンジニアの方も業界によっても大きく収入が変わってきます。事前に希望業界の平均年収などをチェックしておくと良いですよ。
平均年収だけではなく、最高年収、最低年収も同時にチェックしておくと良いでしょう。
これらを参考に求人を見ていくことで、どの企業が高めの設定なのかも判断出来るはずですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です